沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS なんて やんばるは美しい、、

<<   作成日時 : 2017/06/11 13:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0


 気配を感じて 木を見上げて こんな仔と 目が合ってしまったら 、、 もう どうしましょう♪


画像

 篠原太郎氏が撮らえた ≪ リュウキュウオオコノハズク ≫



 沖縄本島北部 やんばる と 呼ばれる地域の 多くを占めるのは森です。


画像

 那覇自然環境事務所 『 やんばる国立公園 』 より



 何度か、やんばるの東側を 走ったことがあります。
 東村の村落を過ぎて 辺戸岬まで 北上、、 行けども行けども 深い森、 なにもありません。

 延々と 森のなかを走るだけなのに 不思議と 心が鎮まって、穏やかな気持ちでいられます。

 やんばるでは 連れ合いと 言い争いをしたことなど、 そういえば ありません。 
 〜ヤンバルクイナが出てくるかもよ、 気をつけてよ〜  ときどき こんな会話、 あとは 緑に まかれて走ります。



画像


 やんばるは 日本国土の 0.1% に満たない面積。
 これだけの土地に、 日本に生息する 鳥類の 約50%、 カエル 約25%、 ラン種 約25%、 シダ類 約20%


 奇跡の森 やんばるで、希少な生物が 種を繋いでいます。
 日本にとっても、地球にとっても、大切な やんばる。



画像


 宝物のような希少生物の 保護のため、 研究のため、 知らしめるために、 やんばるを撮り続けている 写真家の方々の作品を 一堂に展示した 「 やんばるの森の美 写真展 」 沖縄県立美術館で開催中です。



画像

 なんと ギャラリー内、撮影ができました♪



 樹脂のケースで守られた 小さな標本が 展示されていました。

 1982年に 見つかった ≪ オリヅルスミレ ≫ 地球上で やんばるでしか見つかっていない希少種です。
 自生地は ダム建設で 水没したのだそうです。 絶滅した可能性を解説していました。


 
 やはり 地球上で やんばるでしか生息しない植物 ≪ ホシザキシャクジョウ ≫
 
漢字では 「 星咲錫杖 」  名が示すとおり 星のカタチ、 しかも パライバトルマリンのような 青い蛍光色です。

 光合成をせず 地中で生息する植物だとか、、 
 青色の星が 朽ち葉の下で輝いています、、 神秘的とは こういうのをいうのでしょう、、



 会場を出た後は 気持ちがほっこりして、そして じわじわと いろんなことに 考えが及んで、 想いが広がっていきます。



 やんばるには基地問題が重くのしかかっています。 
 相反して両極にあるはずの 基地建造物と、地球の宝 大自然が 背中合わせにある 危うい矛盾。

 やんばるの森の美、 展示室内には 野鳥のさえずりが 遠く 近く 呼応して、 耳を澄ましていると やんばるの現実を 考えずにはいられませんでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんて やんばるは美しい、、 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる