【プロ野球キャンプ】 巨人と御物城と!?


 もう 2年も前から、 待って、待って、待ってました、、 連れ合いが、、

 平日だけど、綺羅星の如く居並ぶスター軍団のこと、駐車場を考えて 朝一番に奥武山(おうのやま)球場に GO!


画像



 新しくなった奥武山球場(沖縄セルラースタジアム那覇) には初めて入りましたが、 広い広い♪

 広すぎて、困ったことに いつものように 気分が乗ってきません!

 選手は遠いし、、 私はタイガースファンだったし、、 
 デカ過ぎるジャイアンツには見えない壁を感じます。



 マスコミの後について 一緒に 選手を追いかけるわけでもなく、 ひたすら練習を眺めていた これぞ ピュアな 春キャンプ見学!  たまには いいか!!
 

画像

 画像は 2016年のキャンプ風景
 



 この日、私が いちばん反応したのが この眺め!


画像


 バックスタンド最上階からの那覇港の眺め! 御物城 ( おものぐすく ) がこんなにきれいに見える場所がここだったとは、、

 水平線の下に小さく、三重城(ミーグスク)も見えています。


画像


 御物城・・ フェンスの向こう側、軍港の中にあって 琉球時代を留めています。
 

 王国時代、交易品の収蔵庫が建てられていた グスクです。

 石垣やアーチ門が残されていて、発掘すれば 今でも 交易品の陶器のカケラなどが出る、と聞きましたが、フェンスの向こう側、入る事は出来ません。


画像


 昔の那覇港を描いた図には、必ずと言っていいほど この御物城と、そして三重城が、、
 王国時代の那覇港を彷彿させる眺めが 沖縄セルラースタジアム那覇 にありました。











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 那覇の底力 《 ブラタモリ 那覇 》

    Excerpt:  《 ブラタモリ 》 が 那覇に来てくれて うれしかったなぁ  王国時代、貿易が盛んだった海洋国家としての拠点 「那覇港」 を中心に 繁栄した 那覇。  戦後、生活必需品の製造の拠点 「壺屋」 を.. Weblog: 沖縄~ パライバブルーな季節風 racked: 2016-03-06 11:42
  • 倭寇を侵入させない城の話

    Excerpt:  沖縄には ≪ グスク ≫ と 呼ばれる 数多くの 石積み建造物がありますが、 今回 倭寇対策のために 設置された城にスポットをあてた話を 聴く機会がありました。 Weblog: 沖縄~ パライバブルーな季節風 racked: 2018-01-15 15:20