愛染さんの坂道


 愛染まつりというのは よく知ってました。
 綺麗な芸妓さん達が 宝恵かごに揺られて通りを練り歩くお祭りの様子は ニュースの映像でよく見てました。

 そのお寺がここ、夕陽丘にあったんですね、 これは知らなかったです。

 愛染堂勝鬘院(あいぜんどうしょうまんいん) 縁結び・夫婦和合・商売繁盛のお寺さんでした。



 愛染坂 の名は そのお寺にちなんだものでした。


 愛染坂もやっぱり急勾配!



画像



 近くの大阪星光学院高校のクラブ活動の生徒が、一気に坂を駆け上がってトレーニングの真最中。

 塀を手すり代わりに 坂の溝を ゆっくりゆっくり登っていく おばあちゃん。

 ここは大阪、 自転車も当然のこと。


 街並に 坂がしっくり納まって 色んな風景を見せてくれています。




 この坂のすぐ隣、平行してあるのが 大江神社の参道の階段でした。


画像
 


画像



 長く沖縄に住んでいると、このような 大鳥居をくぐって まっすぐ境内に続く長い階段を登る・・・ というのは久々で 新鮮でした。



画像



 由緒書きには、 天王寺七宮のひとつ と云われ、四天王寺の鎮守として聖徳太子が祀られたもの、と伝えられている! と。




 都会の真ん中、 思いがけず広い境内に なんだかほっとして ひと休み。

 今年の超寒気に、ようやく ほころびかけた 梅の花に 大阪の早春を感じて ひと休み。


画像
 
 

 ところで、愛染坂と階段、たどり着く標高は同じでした・・・  さて、どっちを!?  



画像

この記事へのコメント

ままりん
2012年03月09日 22:28
わーお!こないだ真田山の娘宅に車で行く途中、愛染さんの前を通りました。この近くに住んでいたので、なつかしくて。愛染まつりのときは、娘たちに浴衣を着せてお参りしました。ついこないだのようですが、もうん十年。四天王寺の境内を通り抜けて、夕陽ケ丘図書館へ。なぜか冬でも金魚すくいが出てて、いつもねだられました。嗚呼、涙が滲むわ。
2012年03月11日 16:23
ままりんさんには とても懐かしい街なんですね~
歩いていて そこかしこに何気に歴史が顔をのぞかす 都会なのに落ち着いていて居心地いい街でした。
次はいつになるやら・・ 又、行ってみたいです。

この記事へのトラックバック