北斎が描いた琉球(3) 「仲島の大石」


 那覇市泉崎のバスターミナルに、この場に一見 似つかわしくない 大岩 が保存されています。
 葛飾北斎は、この大岩が タイムスリップしたような風景も描いていました。


画像



 この大岩は 「 仲島の大石 (なかしまのうふいし)」 と呼ばれています。

 北斎の木版画のタイトルは 「 中島蕉園 」


画像


 家々の庭に茂る 芭蕉の葉が特徴的です。
 昔、この辺りは 遊里だったとか・・・  この土地ならではの景観だったのでしょうか。

 画面中央の大きな岩が 現在のバスターミナルの 「仲島の大石」




 現在の大岩は 陸地にあるのに下部が潮でえぐられたノッチと呼ばれる形体になっています。

画像




 版画の大岩は 海岸沿いに在ります。
 なるほど、大岩は昔々、この場所で打ち寄せる波にあらわれていたんだ・・・



 そしたら、今、私の立つこの場は海の中・・・
 私は、海の上から 波にあらわれる 大岩 を眺めています。


画像



 このバスターミナルも ずいぶん古くなって、 周りの開発から スコーンと取り残されてしまったようです。
 この先、いつかピカピカに生まれ変わっても、「仲島の大石」 からは 海を感じていたいものです。

 北斎の 『 琉球八景 』 が見せてくれる古き良き時代の琉球は、史跡の存在を見つめ直す機会を与えてくれました。





この記事へのコメント

kinoko
2013年05月18日 08:04
バスターミナルからバスに乗って
アメリカンビレッジまで行ってきました。
その時見ました、この大きな石
このあたりは海だったんですね。
びっくりしちゃう話です。
2013年05月19日 00:22
またまたビックリしました。
街中に大きな岩があり昔は海だったとは…
那覇市のバスのターミナルに???
驚きです!
2013年05月20日 20:18
kinokoさん
路線バスで北谷まで・・ なんだかのんびりして新鮮な感じですね!
沖縄を巾ひろ~く楽しんでいるんですね!
この大石は、ここが海だった証なんですって! 
2013年05月20日 20:21
カメ吉さん
どんだけ埋め立てしたの? って思いますよね。
そして戦前までは、ここには沖縄県営鉄道の那覇駅があったそうです。
うちなーんちゅ
2019年10月01日 15:23
はじめまして、ナイチに住んでいます「うちなーんちゅ」と申します。仲島の大石でググっていましたら、この投稿にたどり着きました、、、

実は「沖縄の風景」という、ナイチの方が沖縄に定住して発信しているブログなのですが、そこでこの投稿の1枚目の画像を使用できないかと思いまして、、、ブログ見ていただくと、うちあたいすることも多いかと思います、、、

ちょくちょくブログを見せていただきます^^
パライバ
2019年10月19日 06:28
うちなーんちゅさん

 お返事が遅くなりました💦 
 お役に立てるのでしたら嬉しいです、どうぞご自由に使って下さいね。

 それと、ご存じかもしれませんが バスターミナル辺りは 開発され、昨年から新たなターミナルに生まれ変わっています。仲島の大石は今も健在ですが。近くその情報もアップしたいと思っているところです。

 画像は懐かしい画像になってしまいました。
うちなーんちゅ
2019年10月20日 21:54
ありがとうございます。今返信を拝見いたしました。「沖縄の風景」の管理者さん、Cさんという方ですが、、許可をいただいて、画像を使用させていただきます。沖縄のブログつながりで、いっぺーぐぶりーーーさびぃーん^^

この記事へのトラックバック