京都のうどんやさん


 先付でございます・・ と きたもんです、 なるほど! 京都でした。


画像

   涼しげな盛り付け 
 胡麻豆腐と つるんと のど越しいい冬瓜





画像



 京都市美術館 から ほど近くの 「 懐石京うどん 京菜家 」 さんで 軽いお昼をいただきました。



 美味しい お蕎麦か おうどんが食べたい と 選んだお店ですが、 懐石 と銘うたれては、 ここは 落語のように 「ずるずる~」 とは いきません。



画像



 蒸し暑い日だったので 冷たいおうどん・・・


 美味しさはもちろん、 眼でも楽しめるところは さすがに・・・



 店内、写真は控えましたが、京都風情の落ち着いた雰囲気で、お隣を気遣わなくていいほどに ゆったりしています。

 ルーブル美術館展 で ヒートアップしていた気持ちを リセットするには 打ってつけの雰囲気。



 このあと バスで 七条まで、 「三十三間堂」 に 向かいます。

 昔と比べて 外国人が 格段多くなった 京都の街、バスも 満員満員・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック