二十年を 超えて語らう 夏の宵


 様子を伺うように ゆっくりと周り込みながら 顔を覗き込んでくる 笑顔の人が視野に入った。
 瞬間、 「わぁ~ 久し振り~♪」 ほぼ 20年ぶりに会う 友達。



画像

    島の先っぽの眺めは セーヌ川の
    シテ島にも負けず劣らず 中之島
    



画像

    桜の頃は 薄紅色に染まる 天満橋
    大川沿いの 桜吹雪は忘れられない





 「6月に 大阪に行くよ~、 都合つくなら 会おうよ~」 と 予定をたてたのは、子育て真っ最中の頃の ママ友メンバー。



 大阪府吹田市、 同じ集合住宅に住んで、子供達の成長を みんなで見守るように 過ごした時間があった。



 懐かしい思い出話が 途切れることがない 
     ・
     ・
     ・

 んっ? 会話の内容が 微妙に違ってきたぞ・・・


 子供達は 今 なにしてんの?
 旦那とは もう会話もないわ・・・
 膝が痛くて グルコサミン 飲んでんねん
 うちのお父さん 入院してたんよ・・・

 極め付けは 墓に入る? 入らない?




 会話の内容が どんなに 現実的になってきても、 笑顔も 声も しゃべり口調も 昔のまんま。

 「久し振りっ!」 は 一瞬のことで、20年間は まさに空白、 一気に消し飛んだ。

 変わらない 元気な笑顔に会えたのが うれしかったし、なにより この年齢のこと、安心した。



  二十年を 超えて語らう 夏の宵
  はたとせを こえて かたらう なつのよい



 航空運賃は安くなった、沖縄は遠くない、 また会おうね!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック