高野山へご一緒に 出発進行 (1)


 行く前に どれだけ下調べ したやら、、 大阪から日帰りの高野山巡りです、 大阪からだって 高野山は遠い。
 お得なチケット、 観光ルート、 観光時間、 人気のお土産、、 少しでも ご参考になれば (*^^*)


 まずは 高野山観光の ≪ 全域マップ ≫ を チェック

画像



 一日で すべてを ゆっくり拝観するのは不可能です。 ポイントを絞りました。
 参考になったのは ≪ 南海りんかんバスの HP ≫  とっても親切なサイトです。

画像



 境内は広い、移動は巡回バスです。  そのバスと 南海電車往復乗車券に、拝観料や土産店の割引サービスが付いた ≪ お得チケット 2860円 ≫ を なんば駅で購入しました。

画像




 南海なんば~極楽橋駅~ケーブルカー高野山駅 までの 片道料金は 1260円。 バス料金も含む お得チケットは、便利さも含め お薦めです◎

 他に、往路分の特急券付き ≪ お得チケット 3400円 ≫ も ありますが、特急の本数は多くありません。 発車時刻にタイミングが合えば、特急券だけ 追加購入することも選択肢。



 南海なんば 7:14発の急行で 高野山に向けて 出発進行

 橋本駅で 極楽橋駅行き 普通電車に乗り換え。  後続の 「 特急 りんかん1号」 に乗っていたとしても、やはり 橋本駅で乗り換え。 9:02 到着は 同じでした。 

 往路の所要時間 108分、 空海さんの永遠の地 高野山は遠くて当然、、



 高野山麓の 極楽橋駅に到着。

画像



 ケーブルカーで 高野山駅へ

画像



 朝まで降っていた雨が あちこちに滝をつくっています。

画像



 ケーブルカー高野山駅の展望台から、、  私たちは楽して 一気に到着しましたが、本来は この山間を縫うように登ってくるんですね、、 空海さんは こんな 山また山の中に別天地を見つけんですね。

画像



 寒いっ! さむいよー!  夏でも 羽織るもの持参を お薦めです。
 雲? 見る見る間に坂道を下ってきて 道路を消してしまいました。

画像



 高野山駅始発の巡回バスは 主なルートが ふたつ。 私たちは ≪ 大門 ≫ 行きのバスに。
 ここ 大門が 霊場 高野山の入り口、 タモリさんも この場所に立っていました。 この門を くぐらないと 忘れ物した気分になりそうです。

画像


画像



 大門 から 門前町が見下ろせました。 高野町に来た実感が湧いてきました。

画像


 高野山の中心部 ≪ 壇上伽藍 ≫ に向かいます。  つづく



 

 





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック