博多の夜は何食べよ!


 やっぱり 博多に来たら 焼き鳥か もつ鍋 やな♪ って、 落ち合った連れ合いの友人に お任せした 今夜の店は?
 早良区にある もつ鍋の ≪ 万十屋 ≫


画像



 実は訪れるのは 2度目でした。 
 全国的に もつ鍋ブームが吹き荒れた頃に行った博多で、 「 今、 大人気の店よ 」 って 連れてってもらったのが 万十屋でした。
 二階の畳敷きの大広間は 人で埋め尽くされたように満席で、 なるほど納得!




 久し振りの本場の味です。

 この店のこだわりのひとつに、鍋とはいえ 客には触らせない! と いうのがありました。
 連れ合いの友人夫婦も 常連とはいえ わきまえて、 いっさいを仲居さんにお任せ m(__)m  ある意味 楽ちん♪



 では 拙い画像ではありますが、 静止画ドキュメントで・・



画像




画像

 いい香りが広がって グツグツグツ・・・




画像

 もう 箸を入れて OK!

 もつ鍋って バクバク食べられますよね、 鍋奉行も 言葉を挟めない ( ̄ー ̄)
 あっという間に 平らげます。




画像

 〆は チャンポンと思いきや、 ここは うどんも頼めました、ミックスで。
 そういや、博多って うどんも よく食べるんでしたよね!




画像

 で、終わりかと思いきや、 雑炊だと!?  えっ? けっこう 濃いお出汁だけど・・




画像

 で、出来上がったのは 石焼ビビンバ みたいな雑炊でした。 なるほど! 濃い出汁が活きてます。
 そういや 鍋は 石鍋でした、 また 納得!

 これが また 食欲をそそって食べられること♪





 〆メニューまでは記憶になくて、2度目とはいえ 新鮮な気分で頂きました。

 オリジナリティにあふれた ≪ 万十屋 ≫  今も 博多を代表する もつ鍋屋さんだったんですね。

 そうそう、 室見川沿いにあって 目を引く 外観の建物は、あの国立競技場を設計した 隈研吾さんのデザインでした。

 印象に残る 博多の夜でした。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック