沖縄第一ホテル 贅沢な薬膳朝食


 テーブルにセッティングされていた これが朝食  ・・ それが、これだけでは収まりませんでした。


IMG_0829.JPG



 訪れたのは 《 沖縄第一ホテル 》 このホテルの朝食は 沖縄のレジェンドと言えると思います。


IMG_0821.JPG



 著名人も多く訪れる、超有名なのは知っていましたが、そうそう 訪ねられるわけでもなく、今回、友人の尽力もあって叶った、沖縄のアイデンティティも 共に頂くという 人生初の贅沢な薬膳朝食。


 国際通りから ほど近く、一銀通りに面した門をくぐって 左のアプローチを進めば 食事を頂ける離れ。 宿泊客はもとより、朝食だけの利用も出来ます。


IMG_0823.JPG


 お庭には 椿が 今を盛りと咲き誇っていました。 ドアを一歩入ると アンティーク調の家具に 陶芸品やガラス工芸品が目を楽しませてくれます。



 さて 薬膳朝食、オーナーさんが 一品一品を説明して下さいました。 そして 体に優しい効力も。

 沖縄食材の宝石箱です、 懐かしいフレーズそのまま (/ω\)
 宝石箱は 器にもいえます。 クォリティの高い沖縄工芸が輝きを添えて 眺めているだけでも 幸せな気分。


IMG_0829.JPG

 中央の ドリンク3種は、長命草、豆乳、シークワーサー。
 パンは、紅芋とウコンが練りこまれています。 ゴマと黒糖のペーストや、ハチミツ、ブルーベリージャムとともに。

 ゆし豆腐、パパイヤ、島にんじん、ニガナ、ハンダマ、島らっきょ、アロエ、ターム、トマト、オオタニワタリ(ひらりと広げられた お浸し) などなどなど・・・

 是非 画像を 巡ってみて下さい (^_-)-☆



 まだまだ・・
 冬瓜、ナーベーラー(ヘチマ)、生モズク、紅芋、黒酢に数年漬けたという大豆・・

IMG_0832.JPG



 こちらは 長命草のサラダ。

IMG_0834.JPG




IMG_0835.JPG

 ぜんざいは 緑豆と押し麦です。翡翠色



IMG_0836.JPG

 フルーツとともに出されたのは 冬瓜を砂糖だけで煮詰めた 冬瓜漬。 琉球王国時代の宮廷スイーツ、伝統菓子です。



 すべて、50品目 585カロリー。

 薬草茶を頂きながら いただいたお料理に想いを巡らせました。
 綿々と受け継がれてきた 人に優しい沖縄料理の奥深さとともに、人への思いやりも感じました。
 沖縄の伝統や歴史も 一緒に味わえる 特別の朝食です。

この記事へのコメント