窮屈そうだね 仲島の大石


 県庁前から那覇バスターミナルに向けて歩いてきました。 見えてきた 仲島の大石。


IMG_0784.JPG



 2018年10月にオープンした《 カフーナ旭橋 》
 生まれ変わった那覇バスターミナル、ショッピングモール 那覇オーパ や 県立図書館も入る 大きなビルに開発され、工事中は見ることができなかった《 仲島の大石 》は どうなったろうと思っていました。


 北斎が描いた 仲島の大石は 広々と海の側、波に洗われていました。 岩の下部のノッチが名残を残しています。


IMG_0862.PNG

 葛飾北斎《 中島蕉園 》
 この一帯、芭蕉がめぐらされた遊里だったそう



 開発前のバスセンターの頃の 仲島の大石は 隅っこに追いやられながらも 存在感をみせていました。


IMG_4307.JPG



IMG_4309.JPG


 バージニア・リー・バートンの絵本『 ちいさいおうち 』 に想いを重ねて、時代は巡り 周りは変わっていっても 仲島の大石からは海を感じていたいと思っていたのですが・・ 



IMG_0793.JPG


 これはどうよ (;・∀・) 申し訳ないみたいに、仕方なかったみたいに、ビルの壁ギリギリにスペースを頂いていました。

 時代は変わるけど 歴史は変わらない、歴史を語る文化財にしては 随分とぞんざいな扱いを受けたもんだと ちょっと悲しくなりました。 絵本みたく ちょっと切ない展開になりました。


 空が狭くなったね、窮屈そうだね、海の香りも感じそうにないね、、



 よろしければこちらも m(__)m
 『 那覇の移り変わりはいかがですか? 』 2011年 12月 5日
 『 北斎が描いた琉球 (3) 』 2013年 5 月17日




この記事へのコメント