年を取ったらお金と筋肉


 春、新型コロナウィルスの影響で緊急事態宣言が出されて、私たちは真摯に向き合い 従いました。
 家籠りをし、外出は最小限、週に2度ほどの まとめ買いの時だけ。
 思い起こせば、運動らしいことも一切しませんでした。

 
 数か月後、徐々にコロナも収束に向かいつつあると( 当時は )思われ、私の勤務も再開されました。
 その久々の勤務の初日、ある瞬間に 右膝に違和感を覚えて、気にしつつ帰宅後。


 (;゚Д゚) 膝痛い! 正座できへん!!



 初めての体感です。 通販CMの 膝が痛いってこれ?
 歳を思えば 珍しくもない、順調に歳を重ねてるってこと?!

 いや困る! 痛み抱えて 毎日 愉快なわけがない、もっと仕事も続けたい! 今からこれじゃ 先が思いやられる!



 右膝に違和感を抱えながらも、日常生活も仕事も 何とかこなせます。
 が、痛みで きれいな正座は出来ず、立ち上がる時には 膝を庇いつつ、右足には力を込めることも出来ません。

 大腿部を比べると、明らかに 右腿の筋肉が落ちて凹んでいます。


IMG_1868.JPG


 取り急ぎ、膝用サポートを買いました。
 ずっと無縁と思い込んでた通販で、気休めでもいいと サプリメントを注文しました。
 膝の腫れは 関節部分の炎症らしく、緩和のために 折々に 保冷剤で冷やしました。
 Loft で、テレビ見ながら出来る 筋力アップのグッズを買いました。
 再開した仕事は運動を伴い 筋力を養えます。


 それから 2か月。

 その内の 何が功を奏したのか、いつも間にか 正座が平気になり、膝の痛みも無くなり、明らかに凹んでいた右腿が 少し盛り上がってきました。


 ネット検索で たくさん調べてもみました。
 結果的には、膝関節を庇うには 筋力が必須と解釈しました。

 いつか、職場の仲間が「 年を取ったらお金と筋肉 」と説いて、「 それ、座右の銘にちょうだい!」と 言ったのを思い出しました。

 まだまだ 有効期間です 「 年を取ったらお金と筋肉 」





この記事へのコメント