テーマ:城(グスク)

ぜいたくな、首里城 「中秋の宴」

 大陸に向かっているはずの台風19号が、不安定な天候と強風を いつまでも沖縄本島に届けてきます。  雨のぱらつく夕暮れ、空を見上げて悩んだ末に 一念発起して 重い腰をあげて出掛けた先は・・・ 首里城です。  毎年、中秋の名月を愛でながら古典芸能を楽しむ 「中秋の宴」 が催されるのです。    それが、なんと…

続きを読むread more

勝連城の命運 『護佐丸・阿麻和利の乱』 (2)

 国王の娘を妻に迎えるほどの 地方の豪族、 勝連城主 「 阿麻和利 (あまわり)」 は どんな人物だったのでしょう。  琉球王府の絵師の流れを引き継いだ  金城安太郎(1911-1999) が描いた    『 風雲児 阿麻和利 』  琉球の歴史書に、阿麻和利 の人となりが伺える記録があります。 …

続きを読むread more

絶景かな!勝連城 (1)

 頂上からは360度の景色を見下ろせる ここは うるま市勝連、 勝連城跡 です。  足場も良い とはいえない、急な勾配を ヨイショヨイショと 登りつめて望む太平洋は、達成感も相まって 何とも爽快な気分です。  1200年前後に築城されたとされる 勝連城は ユネスコ世界遺産に登録されています。 …

続きを読むread more

首里城復元の道程 「プロジェクトX」から

 2012年 5月15日 復帰40年を迎える沖縄県。  NHKでは この40年を振り返る企画として、過去 NHKが映してきた沖縄を放映しています。  プロジェクトX 『 炎を見ろ 赤き城の伝説 』 の再放送がありました。  私のなかでは、 気づけば首里城は ずっと前からここに、当たり前のように存在していたの…

続きを読むread more

王様のプライベート、覗き見!

 復元に依って少しずつ往時の姿を甦らせていく首里城!  2008年に公開になった鎖之間(さすのま)と書院(しょいん)のエリアです。  伝統的な沖縄の住居と日本家屋を融合した印象の建物です。  この建物、同じ角度から撮られた戦前の古い写真に残されている建物とまったく同じです。  写真が残されている・・ …

続きを読むread more

~浦添歴史散歩~浦添城跡

 浦添は首里に遷都されるまで 琉球の王都でした。  海洋国 琉球の都にふさわしい良港 牧港(まきみなと)や、見晴らしのいい丘陵を抱えていたから、と 考えられています。  浦添(うらそえ)の古い呼び方は「うらおそい」  浦々を襲う (=支配する)という意味があります。  浦添城(うらそえグスク)は、首里城以前の琉球王国…

続きを読むread more